成年後見制度における本人情報シートについて

 平成29年3月24日に閣議決定された、成年後見制度利用促進基本計画において、「医師が本人の生活状況や必要な支援の状況等を含め、十分な判断資料に基づき判断することができるよう、本人の状況等を的確に伝える伝えることができるようにするための方策について検討するとともに、その判断について記載する診断書等のあり方についても検討する。」とされました。
 それを踏まえ改定された医師の診断書の書式と、本人の生活状況等に関する情報を医師に伝えるためのツールとなる「本人情報シート」の書式について、平成31年4月から運用開始されました。
 「本人情報シート」は、ソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士等)として本人の支援に関わっている方(介護支援専門員、相談支援専門員、病院・施設の相談員、地域包括支援センターや権利擁護支援センターの職員等)によって作成することが想定されていますので、依頼があった場合には、手引等をよくご確認の上、ご協力いただきますようお願いいたします。
 また「本人情報シート」は、後見等の申立時だけでなく、申立て前の検討を行う際や後見等開始後に今後の支援方針を策定する際などにも利用することができますので、本人支援のための多職種連携のツールとしてご活用ください。

 なお、診断書や本人情報シートに関するご質問は、家庭裁判所にお問い合わせください。

 詳しくは裁判所(成年後見制度のページ)をご覧ください。
 

アンケート

茨城県社会福祉士会ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
カレンダー
  • 県民の皆様へ
  • ぱあとなあいばらき
  • 虐待対応専門職チーム
  • 相談支援従事者研修